本文へスキップ

京都の和菓子を毎日紹介-2017年10月-・きょうの『和菓子の玉手箱』

一日一菓。 2018年1月

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜-Yume-が
お届けする京都の素敵な和菓子を毎日ご紹介。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2018年1月1日

菓銘『初富士』
二條若狭屋
京都市中京区二条通小川東入る西大黒町333-2
(075)231-0616


新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
初夢に見ると縁起がいいとして、昔から知られている『一富士二鷹三茄子』。
みなさんは、どのような初夢を見られたでしょうか。
(初夢の時期は、諸説ありますが、一般的には元日から2日とされています。)

2018年の最初にご紹介させていただくお菓子は富士山にちなんだお菓子です。
こちらの富士山のように、2018年がみなさんにとって晴れやかな一年でありますように!


イメージ01

2018年1月2日

菓銘『福戌』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


新年ならではの和菓子でお正月気分を存分に満喫する日々が暫くは続きそうです。

こちらのお菓子も新年にしか、お目にかかることができないお菓子です。
白小豆と寒梅粉で作られた松の樹皮を表現した常盤木(ときわぎ)と呼ばれる生地。
その生地に干支の焼印を入れて干支菓子として毎年店頭に並びます。

お菓子の意匠に秘められた職人さんの願いを知れば、お菓子の感じ方が変わるから不思議です。
そこが京都の和菓子の素晴らしいところの一つです。


イメージ01

2018年1月3日

菓銘『福寿草』
游月
京都市左京区山端壱町田町8-31
(075)711-1110


元日草(がんじつそう)の名でお正月に好まれる『福寿草』。
旧暦の正月に開花することから、春一番新年を祝う花として福を招く、縁起の良い花とされてきました。
もちろん和菓子の世界でも新年には欠かすことができないお菓子です。


イメージ01

2018年1月4日

菓銘『干支』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


「きっと、犬好きの職人さんが作られたのでは!」
と思うほどの愛情を感じるお菓子です。


イメージ01

2018年1月5日

菓銘『いぬの笑まひ(左)・犬も歩けば(右)』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405
ご購入をご希望の方はコチラをご覧ください
http://souda-kyoto.jp/blog/00335.html


JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルホームページをご覧の方々だけが購入できるお菓子です。
長久堂さんにお願いをさせていただき作っていただきました。
ご購入をご希望の方はコチラをご覧いただき、ご予約ください。
http://souda-kyoto.jp/blog/00335.html


イメージ01

2018年1月6日

菓銘『根引松』
二葉軒
京都市南区東九条中御霊町25
(075)691-5026


根がついたままの松が新年の京都の玄関先を飾ります。
京都らしい新年の風景をモチーフにしたお菓子です。


イメージ01

2018年1月7日

菓銘『菘(すずな)』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


本日は今年初めての節句『人日の節句』。
七草粥を食べる日として、みなさんに親しまれている一日です。

芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)が七草。
その七草の一つ『菘(すずな)』をモチーフにしたお菓子です。
みなさんの今年一年が無病息災でありますように!


イメージ01

2018年1月8日

菓銘『御葩(おはなびら)』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405


やわらかな求肥に包まれた白小豆と白味噌から作られた餡。
そして、花びら餅に欠かせない甘く柔らかく炊かれた牛蒡。
京都の新春を存分に感じるお菓子です。


イメージ01

2018年1月9日

菓銘『語らふ』
二條若狭屋
京都市中京区二条通小川東入る西大黒町333-2
(075)231-0616


新年のお菓子といえば『花びら餅』が思い出されますが、その他にも賀正菓子や干支菓子、
そして『お題菓子』があります。
『お題菓子』とは毎年年始に行われる宮中歌会始のお題をテーマにして作るお菓子のことです。
今年は1月12日に行われます。
今年のお題は『語』。

新年に人々が集い、語らう。
人々の温もりを感じながら過ごす楽しいひと時。
その雰囲気を表現した外郎製のお菓子です。


イメージ01

2018年1月10日

菓銘『夢物語』
老松(北野店)
京都市上京区北野上七軒
(075)463-3050


新年のお菓子といえば『花びら餅』が思い出されますが、その他にも賀正菓子や干支菓子、
そして『お題菓子』があります。
『お題菓子』とは毎年年始に行われる宮中歌会始のお題をテーマにして作るお菓子のことです。
今年は1月12日に行われます。
今年のお題は『語』。

素敵な夢を見ているイメージを表現した羽二重製のお菓子です。
こういう夢を見ることができれば早く眠りにつきたくなりますね。


イメージ01

2018年1月11日

菓銘『昔ばなし』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


新年のお菓子といえば『花びら餅』が思い出されますが、その他にも賀正菓子や干支菓子、
そして『お題菓子』があります。
『お題菓子』とは毎年年始に行われる宮中歌会始のお題をテーマにして作るお菓子のことです。
今年は1月12日に行われます。
今年のお題は『語』。

「枯れ木に花を咲かせましょう!」
みなさんで多くの花を咲かせましょう。


イメージ01

2018年1月12日

菓銘『竹取物語』
鍵善良房
京都市東山区祇園町北側264番地
(075)561-1818


新年のお菓子といえば『花びら餅』が思い出されますが、その他にも賀正菓子や干支菓子、
そして『お題菓子』があります。
『お題菓子』とは毎年年始に行われる宮中歌会始のお題をテーマにして作るお菓子のことです。
今年のお題は『語』。
その宮中歌会始が本日、皇居・宮殿で行われました。

皇后さまは、
『語るなく 重きを負ひし 君が肩に 早春の日差し 静かにそそぐ』
と詠まれ、陛下は、
『語りつつあしたの苑(その)を歩み行けば林の中にきんらんの咲く』
と詠まれました。

来年のお題は『光』です。




イメージ01

2018年1月13日

菓銘『絵馬』
聚洸
京都市上京区大宮寺之内上ル
(075)431-2800


新年のお馴染みの意匠。
ただただ、うっとりと見惚れしまう意匠です。


イメージ01

2018年1月14日

菓銘『松』
芳治軒
京都市山科区椥辻中在家町9-1
(075)594-5523


松の葉色のように永遠に栄えますように!


イメージ01

2018年1月15日

菓銘『竹河(早春)』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405


源氏物語『竹河の巻(第44帖)』。
薫の君が早春の玉鬘邸で梅で鳴く鶯を聞き女房たちと歌を詠み交わす様子を表現したお菓子です。


イメージ01

2018年1月16日

菓銘『絵馬』
鍵善良房
京都市東山区祇園町北側264番地
(075)561-1818


奈良時代には、神様にお願いごとをする際に『神馬(しんめ)』と呼ばれる馬を奉納していたそうです。
それが馬の絵を描いた板を奉納するようになり、絵馬と呼ばれるようになりました。
現在では、干支などの絵が描かれ、それぞれに趣向を凝らした絵馬を数多く見かけるようになりました。

お菓子の絵馬もお店により様々です。
愛らしいカタチと焼印が印象的なお菓子です。


イメージ01

2018年1月17日

菓銘『鶴』
日栄軒
京都市北区小山初音町61
(075)491-2204


『鶴』は、長寿を象徴する吉祥の鳥として『鶴は千年』といわれ親しまれてきました。
古くは『たず』と呼ばれていましたが、平安時代以降に『つる』と呼ばれるようになりました。

上用饅頭で鶴を表現しています。


イメージ01

2018年1月18日

菓銘『干支』
聚洸
京都市上京区大宮寺之内上ル
(075)431-2800


犬の焼印も様々です。
ふわふわが印象的な羽二重製の干支菓子です。


informationお知らせ

2017年12月27日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
2018年を寿(ことほ)ぐ、祝いの和菓子をご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00329.html
2017年10月10日
月刊京都・11月号にて【小倉夢桜が選ぶ!『秋の京菓子』】を担当させていただいております。
書店にて発売中です。
2017年9月28日
ホームページをリニューアルしました。

profile

小倉 夢桜-Yume- (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com