本文へスキップ

京都の和菓子を毎日紹介-2017年10月-・きょうの『和菓子の玉手箱』

一日一菓。 2018年12月

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜-Yume-が
お届けする京都の素敵な和菓子を毎日ご紹介。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2018年12月1日

菓銘『雪華』
北野天満宮献茶会・菓匠会協賛席
北野天満宮・文道会館にて


早いもので師走。
紅葉(もみじ)色づく北野天満宮では豊臣秀吉の『北野大茶会』に由来する献茶会が今年も盛大に執り行われました。
菓匠会協賛席では、『革新』を菓題にした様々な趣向を凝らしたお菓子が展示されました。
お店によって革新の捉え方も様々。
京都の和菓子職人さんたちが日頃より鍛錬されてきた技と感性が随所に感じられる作品が並んでいました。

その会場でいただけるお菓子の一つがこちらのお菓子です。
雪華(せっか)文様と呼ばれる、雪の結晶から生まれた文様。
上用饅頭に細かな雪餅をまぶしたお菓子です。
ひと足早く、冬の京都を感じました。


イメージ01

2018年12月2日

菓銘『紅葉』
亀屋則克
京都市中京区堺町通三条上ル大阪材木町702
(075)221-3969


目の前に広がる美しい苔と色づいた紅葉(もみじ)。
12月とは思えないほどの暖かな陽射しの下、境内に入ると私たちを出迎えてくれました。
大徳寺塔頭『黄梅院』の境内に植えられている紅葉(もみじ)が見頃を迎えています。
千利休作庭と伝わる『直中庭』では、色づいた紅葉(もみじ)の傍らで山茶花が多くの花を咲かせていました。
秋から冬への移ろい。
秋との別れを惜しむように庭園を眺める人々。
美しい情景は人を幸せな気持ちにさせてくれます。
そして、和菓子も、、、
黄梅院で目にしたような色合いのこなし製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月3日

菓銘『銀杏』
亀末廣
京都市中京区姉小路車屋町東入ル車屋町251
(075)221-5110


色づいたイチョウの葉を表現した上用饅頭です。


イメージ01

2018年12月4日

菓銘『霜紅葉』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405


早朝に見られる美しい光景。
霜の白さと、紅葉した葉のコントラスト美しい霜葉の様子を表現した、こなし製お菓子です。


イメージ01

2018年12月5日

菓銘『紅葉』
金谷正廣
京都市上京区下長者町通黒門東入吉野町712
(075)441-6357


今年は長期間にわたり楽しむことができた京都の紅葉。
その期間もあとわずかで終わりそうです。


イメージ01

2018年12月6日

菓銘『顔見世』
鍵甚良房
京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
(075)561-4180


南座を華やかに彩る『まねき』。
約3年ぶりに師走らしい風景が戻ってきました。
ただ今、行われている吉例顔見世興行ですが、3日より京都五花街の芸舞妓さんが観劇する恒例の『花街総見』が
行われています。
芸舞妓さんが桟敷席で観劇すると会場は京都らしい雰囲気につつまれます。
明日は、上七軒の芸舞妓さんの花街総見が行われる予定です。

歌舞伎役者の着物の袖をこしあんと白あんのこなしで表現して三升紋を型押ししたお菓子です。
三升紋とは、市川團十郎をはじめとする成田屋の家紋。
『ますます繁盛(升升半升=ますますはんじょう)』をさらに上回って芝居小屋が大入りとなるようにといった願いが
三升紋には込められています。
南座にお出かけの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


イメージ01

2018年12月7日

菓銘『竜田川』
亀屋則克
京都市中京区堺町通三条上ル大阪材木町702
(075)221-3969


暖かかった日々から一転。
本格的な冬の到来を感じるような寒さとなった本日の京都市内。
秋との別れが近づいてきました。


イメージ01

2018年12月8日

菓銘『初雪』
鍵甚良房
京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
(075)561-4180


寒い一日となった本日。
また一段と気温が下がりました。
北部では初雪となるところもあるそうです。
いよいよですね。


イメージ01

2018年12月9日

菓銘『木枯し』
游月
京都市左京区山端壱町田町8-31
(075)711-1110


気がつけば京都市内の街路樹が冬木立へと・・・
木枯らしが吹くたびに、葉を散らす木々。
厳しい冬の訪れです。

枯れ葉を模った桂皮(シナモン)の香りが口いっぱいに広がる外郎(ういろう)製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月10日

菓銘『柿熟す』
笹屋守栄
京都市北区衣笠天神森町38
(075)463-0338


柿あんが入った外郎製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月11日

菓銘『冬のおとずれ』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


今冬、一番の冷え込みとなった京都市内です。
北山の頂には薄っすらと雪化粧。

冬木立に雪の情景をイメージした浮島製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月12日

菓銘『冬支度』
茶寮 宝泉
京都市左京区下鴨西高木町25
(075)712-1270


冬の京野菜として有名な『聖護院だいこん』。
この時期、お揚げさんなどと一緒に炊きこんだ聖護院だいこんは、京都で暮らす人々にとっては
欠かすことができません。
『大根どきの医者いらず』と呼ばれる大根を食べて寒い京都の冬を乗り切る先人たちの知恵が今も
受け継がれています。
聖護院だいこんを模った上用饅頭です。


イメージ01

2018年12月13日

菓銘『雪輪』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


本日は迎春の準備をはじめる『事始め』。
北野天満宮では、『大福梅』の授与が始まりました。
これから暫く、どことなく気忙しい日々が続きますね。

雪の結晶から生まれた雪華(せっか)文様の焼印が入ったこの時期ならではのお菓子です。


イメージ01

2018年12月14日

菓銘『かぼちゃ饅頭』
笹屋守栄
京都市北区衣笠天神森町38
(075)463-0338


17時になる前に日没となってしまう日々です。
一日の終わりが早く、どことなく淋しく感じます。
そんな日々もあと少しの辛抱。
あと一週間もすれば冬至です。
この日を境に日没が少しづつ遅くなっていくとされています。
(実際には、12月12日より日没が遅くなりはじめています。)

『冬至の七種』と呼ばる2つの『ん』がつく食べ物、
南瓜(なんきん)、蓮根(れんこん)、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、 金柑(きんかん)、
寒天(かんてん)、饂飩(うんどん)の七種類を食べると良いとされてきました。
ちなみに南瓜は『かぼちゃ』、饂飩は『うどん』のことです。
その中の一つ、かぼちゃにちなんだお菓子です。
国産のかぼちゃを蒸して、ペースト状にしたものを白あんと饅頭生地に混ぜ合わせています。
着色料を一切使用していない、かぼちゃの風味豊かなお菓子です。


イメージ01

2018年12月15日

菓銘『木守り』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


比叡山の頂が薄っすらと雪化粧をした今朝。
柿の木の先端に残っている柿の実。
その情景を『木守柿』といい、冬の季語としても用いられます。
柿の実を全て収穫せずに来年もよく実りますようにという祈りを込めて一つ二つ取り残しておきます。
そこには、大地や自然などへの感謝の気持ちが込められています。
寒い冬空の下、その情景に心が癒されます。
いつまでも残ってほしい習わしです。


イメージ01

2018年12月16日

菓銘『初霜』
亀屋良長
京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
(075)221-2005


この冬、一番の冷え込みとなった夜明けの京都市内。
霜が降り、吐く息は真っ白。
身を切るような寒さですが、本日のお菓子のような情景に出会うことができるのもこの寒さがあってのこと。
この時期らしい情景を表現した、ねりきり製のお菓子です。
日本の四季の素晴らしさを感じてみませんか。


イメージ01

2018年12月17日

菓銘『冬籠り』
游月
京都市左京区山端壱町田町8-31
(075)711-1110


山里に降り積もる雪。
囲炉裏火で暖をとり、春の訪れを待ちます。
ほのかな紅色が冬の寂しさを和らげてくれます。


イメージ01

2018年12月18日

菓銘『冬椿』
笹屋守栄
京都市北区衣笠天神森町38
(075)463-0338


春先にかけて咲く椿。
文字通りに椿は春を代表する花です。
その椿とは違う種の寒椿がこの時期、花を咲かせます。
冬椿とも呼ばれ、冬の季語として用いられます。
寒空の下、凛と咲く姿が心を癒してくれます。
色合いだけで抽象的に冬椿を表現したつくね芋製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月19日

菓銘『山茶花』
本家玉壽軒
京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町262
(075)441-0319


和菓子屋さんよりいただいた山茶花の切り花。
咲いていた花は一枚、また一枚と花びらを落とし、多くの蕾が時間を追うごと膨らみ、
また今日も新たに花開きます。
幸せのお裾分けを感じながら過ごす、幸せな日々。
山茶花を模ったこなし製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月20日

菓銘『冬椿』
千本玉壽軒
京都市上京区千本通今出川上ル
(075)461-0796


凍てつく寒さの中で健気に咲く冬椿。
その冬椿を外郎で模ったお菓子です。
氷餅によって冬の寒さが伝わってくるような意匠ですが、優しい曲線が私たちの心を和ませてくれます。


イメージ01

2018年12月21日

菓銘『冬籠り』
京都鶴屋 鶴壽庵
京都市中京区壬生梛ノ宮町24
(075)841-0751


春の陽射しを浴びて雪解けがはじまるまで・・・
上用製の素朴な意匠ですが、様々な冬の情景が目に浮かんできます。


イメージ01

2018年12月22日

菓銘『冬至る』
紫野源水
京都市北区小山西大野町78-1
(075)451-8857


本日は『冬至』。
この時期、ゆず湯に入れば風邪をひかないとされています。
自宅のお風呂に柚子を浮かべて入浴していた幼少の頃の思い出が甦ります。

浴室に広がる柚子の香り。
幼少の頃は、あの匂いが嫌いで、嫌いで・・・嫌がる私を無理やり浴槽へ。
そんな苦い思い出も今では懐かしく。
その柚子の香りが今では心地よく感じるようになり、柚子風呂は幸せのひと時です。
明日、12月23日(日)に京都タワー大浴場の浴槽がゆず湯となります。

甘く煮詰めた柚子の皮が薯蕷生地に入っており、口の中いっぱいに柚子の香りが広がります。
柚子がお好きな方にとっては、この上ない幸せを感じることでしょう。


イメージ01

2018年12月23日

菓銘『静けき夜』
亀屋良長
京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
(075)221-2005


明日はいよいよクリスマスイヴ。
薯蕷饅頭に、クリスマスにちなんだリースをあしらった意匠。
白を基調としたこちらのお菓子を愛でているとホワイトクリスマスの情景が目に浮かびます。


イメージ01

2018年12月24日

菓銘『クリスマスイヴ』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405


今夜はイルミネーション越しに十六夜の月がとても綺麗に見えている京都市内です。
その月の前をトナカイとサンタクロースが横切っていく様子を思い描きながら・・・
Merry Christmas!


イメージ01

2018年12月25日

菓銘『リーフ』
本家玉壽軒
京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町262
(075)441-0319


Merry Christmas!
みなさん、どのようなクリスマスをお過ごしでしょうか。
サンタクロースからのプレゼントはありましたでしょうか。
明日からは、新年に向けてより慌ただしくなりますね。


イメージ01

2018年12月26日

菓銘『暖らん』
笹屋伊織
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
(075)371-3333


年末らしい寒い日々が続いている京都市内です。
予報では、明後日より一段と厳しい寒さになるそうです。
寒くなると、つい炬燵と仲良しになってしまいます。
様々な暖房器具が世に出回っていますが、炬燵には暖かさと共に懐かしい温もりを感じます。
炬燵を模った外郎製のお菓子です。


イメージ01

2018年12月27日

菓銘『冬牡丹』
京都鶴屋 鶴壽庵
京都市中京区壬生梛ノ宮町24
(075)841-0751


凍てつく寒さの中、健気に咲いている牡丹を淡い色合いの外郎で模ったお菓子です。
和菓子職人さんは、お菓子を作って私たちの心を癒してくれるセラピスト。
そのように感じてしまう素敵なお菓子です。


イメージ01

2018年12月28日

菓銘『雪華』
亀屋良長
京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
(075)221-2005


京都市街地に雪が舞い散りました。
雪の結晶を文様化した図柄『雪華文様』。
その文様の焼印を上用饅頭にあしらった神秘的なお菓子です。


イメージ01

2018年12月29日

菓銘『雪景色』
笹屋伊織
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
(075)371-3333


目覚めて窓の外を見ると衣笠山が雪化粧。
宇多天皇が真夏に雪見がしたいと衣笠山に白絹をかけて雪山に見立てた故事があります。
その故事より絹掛(きぬかけ)山とも呼ばれるようになりました。
今朝のような風景を望まれていたことでしょう。


イメージ01

2018年12月30日

菓銘『かぶら』
本家玉壽軒
京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町262
(075)441-0319


買い物袋にいっぱいの商品を入れて行き交う人々。
年末の雰囲気がより一層に感じられるようになってきました。
おせち料理の仕度に追われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのおせち料理の中に千枚漬けを入れる方もいらっしゃることでしょう。
千枚漬けと呼ばれるようになった理由は二つあるとされてます。
一つは蕪を薄く切って、樽に漬け込む枚数が千枚以上の枚数になることから。
そして、もう一つは蕪を千枚と言えるほど薄く切って作ることからそのように呼ばれるようになったそうです。
その蕪を模った上用饅頭です。


イメージ01

2018年12月31日

菓銘『月下の雪』
笹屋伊織
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
(075)371-3333


2018年も残すところ、あと数時間となりました。
今年も数多くの京都の和菓子を愛でていただくことができました。
和菓子のおかげで本当に幸せな日々を過ごすことができました。

仕事に追われて過ごす日々。
そんな時、和菓子がそっと、語りかけるように様々な素晴らしい情景を感じさせてくれます。
私にとっては、大きな幸せよりも日々の小さな幸せの方がとても大切です。
和菓子に関わるすべての方々に感謝しかありません。

その和菓子の素晴らしさをご覧くださった皆様にも感じていただけていれば幸いです。
来年も宜しくお願い致します。
素晴らしい年をお迎えください。


informationお知らせ

2018年12月1日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
師走を表現したお菓子のご紹介をさせていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00611.html
2018年11月6日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
錦秋の京都を表現したお菓子のご紹介をさせていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00587.html
2018年10月3日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
秋めく京をうつすお菓子のご紹介をさせていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00565.htmll
2018年9月3日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
『重陽の節句』にちなんだお菓子のご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00545.html
2018年8月4日
【食べログマガジン】に『和菓子と巡る、京都さんぽ』を連載執筆させていただいております。
今回は『心を届ける和菓子屋「船屋秋月」』です。
https://magazine.tabelog.com/articles/45909
2018年8月2日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
『立秋』を迎える京都。送り火にちなんだお菓子のご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00524.htmll
2018年3月10日
月刊京都・4月号にて【小倉夢桜が選ぶ!『春の京菓子』】を担当させていただいております。
書店にて発売中です。
2018年3月2日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
ほんのりと春めく和菓子をご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00392.html
2018年2月2日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
春の息吹が感じられる和菓子をご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00363.html
2017年12月27日
JR東海【そうだ 京都、行こう。】のオフィシャルHPに小倉夢桜が執筆させていただいた記事が掲載。
2018年を寿(ことほ)ぐ、祝いの和菓子をご紹介させていただいております。
http://souda-kyoto.jp/blog/00329.html
2017年10月10日
月刊京都・11月号にて【小倉夢桜が選ぶ!『秋の京菓子』】を担当させていただいております。
書店にて発売中です。
2017年9月28日
ホームページをリニューアルしました。

profile

小倉 夢桜-Yume- (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com