本文へスキップ

京都和菓子歳時記-2017年9月-・きょうの『和菓子の玉手箱』

和菓子歳時記ー2017年12月ー

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜-Yume-が
ご紹介する京都の素敵な和菓子の世界。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2017年12月6日

菓銘『雪餅』
塩芳軒
京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180
(075)441-0803
(ご購入の際はお問い合わせください。)
http://www.kyogashi.com/


京都の11月を彩ってきた紅葉(もみじ)をはじめとする木々たち。
木枯しに吹かれて落葉広葉樹は、冬木立へと姿を変えてきました。
明日は二十四節気では、『大雪(たいせつ)』となります。
平野部でも雪が舞い降りる頃です。
『雪月花』という言葉からも、日本人は月、花と共に雪をこよなく愛してきました。
もちろん、和菓子の世界でも雪にちなんだお菓子が大雪(たいせつ)を迎えるとともにお店に数多く並ぶように
なります。
雪輪や雪華(せっか)文様をあしらったものなど意匠も様々。
その中でも、寒い季節が旬となる薯蕷芋を使用したこちらのお菓子『雪餅』。
この時期になると一度は口にしておきたいお菓子です。
そぼろをまとった純白の意匠は、今にも溶けそうな雪の雰囲気が伝わってきます。
薯蕷芋らしい独特のねっとりとした食感。
そして、中の餡には、よく見かける黄身餡ではなく、なめらかな粒あんが使用されています。
食感の妙を楽しんでいただきたい、京都の12月には欠かせないお菓子です。



profile

小倉 夢桜-Yume- (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com