本文へスキップ

京都和菓子歳時記−2017年1月−・きょうの『和菓子の玉手箱』

和菓子歳時記ー2018年11月ー

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜−Yume−が
ご紹介する京都の素敵な和菓子の世界。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2018年11月7日

菓銘『五彩の葉』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405
(ご購入の際はお問い合わせください)


本日(11月7日)は暦の上では冬。
二十四節気・立冬となります。
真冬の寒さに備えて冬の準備を始める頃ですね。

霜月となり一段と朝晩の冷え込みが厳しくなり、布団が恋しい時期となりました。
この冷え込みで木々の色づきがぐっと早まったように感じます。
11月の京都は、本格的な紅葉シーズンを迎えて多くの観光客で賑わいます。
異常気象の影響もあり、近年では、綺麗に色づくことが少なくなったような印象を受けます。
果たして今年は、どのような紅葉の風景を見ることができることでしょう。

今回は、この時期の京都の木々たちにちなんだお菓子をご紹介します。
一足早く、真っ赤に色づいているハナミズキ。
そして、少しずつ黄金色に色づきはじめているイチョウ並木。
そしてケヤキやサクラなど。
この時期は様々な色が街中に溢れています。
表情豊かな木々たちの葉を表現したこなし製のお菓子です。

イメージ01

2018年11月14日

菓銘『銀杏』
亀屋重久
京都市右京区谷口梅津間町
(075)461-7365
(ご購入の際はお問い合わせください。)


先週から穏やかな気候が続いた京都市内。
色づいた木々を見ながらのんびりと市内を散策された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
初々しい新緑だたった木々たちが、それぞれの色の染まっている様子に時の流れを感じながら過ごすひと時。
今年起こった様々な出来事が走馬灯のように駆け巡ります。

木々たちの美しく色づいた光景が心を癒し、不幸な出来事は、懐かしい思い出へと変えてくれます。
自然美には、人の心を穏やかにする不思議な力があることに改めて気づかされる瞬間です。
皆さんも身近なところで自然美を見つけてみませんか。

今回は、イチョウをモチーフにしたお菓子をご紹介させていただきます。
京都の和菓子屋では、この時期イチョウの葉を模したお菓子が花を添えます。
その中でも代表的な意匠が外郎(ういろう)生地で餡を包んだこちらのお菓子。
イチョウの葉の特徴を優美な曲線で表現しています。
街路樹や公園など色づいたイチョウが太陽の光を浴びて、黄金色に輝く光景から自然美を存分に感じながら
召し上がってみてはいかがでしょうか。


profile

小倉 夢桜−Yume− (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com