本文へスキップ

京都和菓子歳時記−2017年1月−・きょうの『和菓子の玉手箱』

和菓子歳時記ー2018年2月ー

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜−Yume−が
ご紹介する京都の素敵な和菓子の世界。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2017年2月7日

菓銘『如月』
游月
京都市左京区山端壱町田町8-31
(075)711-1110
(ご購入の際はお問い合わせください。)


2月となり、立春を過ぎました。
寒い日が続いていますが、春の兆しを見つけることができる楽しみな一か月です。
2月はご存知のように別名を『如月(きさらぎ)』と呼びますが、その由来は諸説様々です。
『衣更着』、『気更来』、『来更来』などの漢字が意味するものが諸説としてあります。
その由来とは関係のない『如月』という漢字。
万物が次第に動きはじめるといった意味を持った中国の2月の異名『如月(じょげつ)』からといわれています。
確実に春の足音は近づいてきている2月です。
その『如月』が菓銘となったお菓子を今回はご紹介させていただきます。
本日2月7日は『初午(はつうま)』。
稲荷神のお祭りです。
例年、伏見稲荷大社は多くの参拝者で賑わいます。
初午は、伏見稲荷大社の主祭神であるウカノミタマが、和銅4年(711年)の初午の日に伊奈利山(いなりやま・
京都市東山連峰)へ降臨された日といわれています。
それ以降、伏見稲荷大社に『初午詣(はつうまもうで)』を行うようになりました。
神社の参拝に欠かすことができない鈴。
鈴の清らかな澄んだ音色には、悪いものを祓う力があると信じられてきました。
こちらの薯蕷製の鈴を模ったお菓子は、初午にちなんで昨年販売されました。
今年は、『鈴の緒』という初午にちなんだお菓子を販売されます。
同じ初午にちなんだお菓子を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。


イメージ01

2017年2月14日

菓銘『玉水仙』
源水
京都市中京区油小路通二条下ル
(075)211-0379
(ご購入の際はお問い合わせください。)


京都の和菓子屋の歴史がまた一つ幕を閉じようとしています。
近代日本への転換点と位置づけされている大政奉還の舞台となった『二条城』。
その二条城からほど近く、油小路通りに面した和菓子店『源水』。
江戸時代後期1825年に創業のお店です。
文豪・川端康成にこよなく愛された半生菓子『ときわ木』は、あまりにも有名なお菓子です。
羊羹地に大納言小豆をのせて、その上にすり蜜をかけたお菓子『ときわ木』。
松の幹を表現したお菓子は、縁起菓子として歌舞伎役者が襲名する際にも利用されてきました。
その『ときわ木』をはじめとする様々なお菓子をいただくことができるのも3月31日までとなりました。
もちろん、四季折々を感じることができる上生菓子をいただくことができるのも同日までです。
今の時期、こちらのお店で販売されている上生菓子は、健気に足下で咲く水仙を模ったもの。
店内には川端康成直筆の年賀状や過去に制作された工芸菓子が飾られており、 お店の歴史を垣間見ることが
できます。
残すところ僅かですが、ぜひお時間を作って出かけてみてはいかがでしょうか。



profile

小倉 夢桜−Yume− (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com