本文へスキップ

京都和菓子歳時記−2017年1月−・きょうの『和菓子の玉手箱』

和菓子歳時記ー2019年1月ー

和菓子ライフデザイナー小倉夢桜−Yume−が
ご紹介する京都の素敵な和菓子の世界。
新たな京都を感じてみませんか。

ギャラリー

イメージ01

2019年1月2日

菓銘『元朝』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405
(ご購入の際はお問い合わせください)


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

2019年の幕開けです。
京都市内の旧家などには『根引き松』が飾られ、京都の新年らしい風景を見ることができます。
平成最後のお正月ということで例年になく、感慨深く迎えた新年です。
みなさんはどのような想いで新年を迎えられたことでしょうか。
今回は賀正菓子をご紹介させていただきます。

賀正菓子とは文字通りに初春を寿ぐ華やかな、おめでたい意匠のお菓子たちのことです。
今回のお菓子の銘である『元朝』とは、元日の朝のことを意味します。
すなわち元旦のことです。

この元旦の『旦』の字は、地平線より太陽が昇る様子を表現した漢字であるとされています。
初日の出と共に年神様が現れるとされている一年で最も大切な瞬間を銘にしたお菓子です。
おめでたいお菓子で縁起を担いで一年のはじまりを過ごしてみてはいかがでしょうか。
2019年が皆様にとって佳き年となりますように心より祈っております。



イメージ01

2019年1月9日

菓銘『えびす焼』
鍵甚良房
京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
(075)561-4180


年が明けて人日の節句を終えて、今年も賑やかに『十日ゑびす大祭(初ゑびす)』がはじまりました。
例年、京都ゑびす神社には、昼夜を問わず商売繁盛を祈願する参拝者で賑わいます。
明日(1月10日)と明後日(1月11日)は東映の女優さんや祇園町と宮川町の舞妓さんによる福笹の授与が行われます。
京都ならではの華やいだ雰囲気は新年にふさわしく、幸せな気分となります。

今では、十日ゑびす大祭に欠かすことができない福笹。
この福笹は、江戸時代に京都ゑびす神社がはじめたものが全国に広まったものです。
笹は弾力があって折れにくく、節目正しく、葉は常に青々としており、真っ直ぐと伸びて成長し続けます。
このようなことが縁起物として人々に受け入れられて広まっていきました。

今回は、京都ゑびす神社からほど近くで営む和菓子店が販売するえびす様にちなんだお菓子をご紹介させて
いただきます。
京都ゑびす神社前に立ち並ぶ露店の数々。
その中に混じって、店頭でこちらのお菓子を実演販売されています。
十日ゑびす大祭に足を運ばれた方の多くは目にされているのではないでしょうか。

例年、多くの方が買い求めるこちらのお菓子は、飾らない素朴な雰囲気が特徴的で老若男女を問わず
親しみやすいお味です。
1月11日までの販売となっております。
売り切れ次第終了となりますのでご注意ください。(例年、昼過ぎには売り切れとなるそうです。)
えびす焼を食べて縁起を担いでみてはいかがでしょうか。




profile

小倉 夢桜−Yume− (おぐら ゆめ)

京都在住。
和菓子ライフデザイナー/ライター/フォトグラファーとして、四季折々の京都を発信。
手のひらにのせた和菓子から小さな幸せを感じ、『手のひらの幸せ』をより多くの方に伝えたい!
その想いから2012年より、自身が立ち上げた【きょうの『和菓子の玉手箱』】。
こちらでは京都の素敵な和菓子たちの世界を毎日お届けしている。
立ち上げて以来、自身が食べた和菓子の数は数千個に及ぶ。
数々の和菓子を見て、食べて感じた経験を活かして、テレビ番組製作の監修をはじめ、執筆活動や講演など
京都の和菓子をより多くの方に身近に感じていただく活動を行っている。
現在は月刊京都(白川書院)で【月刊京都版・きょうの『和菓子の玉手箱』】を連載中。


お仕事・取材のお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F
京都Loversフォーラム
e-mail kyoto.lovers.forum@gmail.com