本日のお菓子
2019
68

鮎調布

夏を告げる魚『鮎』が清らかな水の流れにのって気持ちよさそうに泳ぐ様子を見かける時期です。
本日ご紹介させていただく京都の和菓子は、この時期の定番である鮎にちなんだものです。
卵、砂糖などと共に作られた小麦粉の生地を焼いた調布で求肥を包み、焼ごてで鮎に仕上げた和菓子です。
鮎の表情はお店によって様々。
その違いを見比べるのも楽しみ方の一つです。
菓銘鮎調布
店名亀屋良長
住所京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
電話(075)221-2005

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。