本日のお菓子
2019
89

福瓜

夏の夕刻に白い花を咲かせる夕顔。
はつらつな朝顔のイメージとは違い、どこか儚げなイメージのあるウリ科の花です。
瓢(ふくべ)と呼ばれる夕顔の実は、干瓢(かんぴょう)の原料として取り扱われます。
また、観賞用の瓢箪のことも和名で『ふくべ』と呼びます。

本日は、瓢箪にちなんだ京都の和菓子をご紹介させていただきます。
道明寺羹で瓢箪を模った和菓子です。
瓢箪は縁起物。
福を呼ぶ瓜ですね。
菓銘福瓜
店名日栄軒
住所京都市北区小山初音町61
電話(075)491-2204

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。