本日のお菓子
2019
106

稔り

本日は、昔ながらの農具をモチーフにした京都の和菓子をご紹介させていただきます。
稔りの秋、鳥たちがたわわに稔った作物を目当てに集まります。
その鳥たちを追い払う為に設けられるのが鳴子です。
薯蕷饅頭で鳴子を模った和菓子です。
菓銘稔り
店名亀屋良永
住所京都市中京区寺町御池下ル下本能寺前町504
電話(075)231-7850

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。