本日のお菓子
2019
114

嵯峨の人

秋が深まり、柿がたわわに実っている情緒ある光景を見かけるようになってきました。
嵯峨野にある落柿舎に植えられている柿の木もその一つです。
落柿舎は、松尾芭蕉の弟子である向井去来の草庵です。

本日は、落柿舎にちなんだ京都の和菓子をご紹介させていただきます。
菓銘の『嵯峨の人』は、その向井去来を意味しています。
柿をモチーフにした、こなし製のお菓子です。
菓銘嵯峨の人
店名鶴屋吉信
住所京都市上京区今出川通堀川西入
電話(075)441-0105

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。