本日のお菓子
2019
1130

お火焚饅頭

京都市内では、煙がもくもくと立ちのぼりる光景を見かける時期です。
11月の中旬より各寺社で奉納された護摩木を火床に入れて焚き上げる御火焚祭が執り行われ、秋の収穫、五穀豊穣に感謝をします。
ご神火の霊力により汚れや罪が祓われ、願い事が叶うともされています。
この『御火焚祭』は、庶民の暮らしの中でも行われています。
特に『火』を使う商家では、大切な行事で無病息災や火除けを祈願します。
そのお火焚き祭の際には、お火焚き饅頭・柚子おこし・みかんの三品が供えられます。
本日は、そのお火焚き饅頭をご紹介させていただきます。
火に包まれている如意宝珠を表す火焔宝珠(かえんほうじゅ)の焼印が押された白とピンクのお饅頭です。
菓銘お火焚饅頭
店名大徳寺ふたば
住所京都市北区紫野下築山町68
電話(075)441-7055

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。