本日のお菓子
2019
121

山紅葉

色鮮やかに色づいた今年の京都市内の山々。
その美しい光景を見ることができるのもあとわずかです。
本日は、京都市内の山々を映した京都の和菓子をご紹介させていただきます。
山々の美しさがそのまま表現された錦玉製の和菓子です。
菓銘山紅葉
店名長生堂
住所京都市左京区下鴨上川原町22-1
電話(075)712-0677
2019
122

錦秋

本日は、京都の紅葉を表現した京都の和菓子をご紹介させていただきます。
錦秋とは、紅葉が錦の織物のように美しいを意味する言葉です。
華やかでありながらも品を感じる光景です。
きんとんで仕上げられたその光景のような素敵な意匠は、錦秋の京都には欠かすことができません。
菓銘錦秋
店名千本玉壽軒
住所京都市上京区千本通今出川上ル
電話(075)461-0796
2019
123

山茶花

葉の美しさから生垣として多く利用されている山茶花。
京都の街中を散策していると山茶花の生垣を多く目にすることができます。
11月の下旬頃から山茶花が色鮮やかな花を咲かせている様子を見かけるようになってきました。

本日は、山茶花をモチーフにした京都の和菓子をご紹介させていただきます。
餡を雪平で包んで山茶花を模った和菓子です。
やわらかな曲線が創り出す造形美。
和菓子を愛でていると寒さが和らいだように感じるから不思議です。
菓銘山茶花
店名いと達
住所京都市右京区龍安寺塔ノ下町5-17
電話(075)203-6243
2019
124

顔見世

本日は、南座で行われている吉例顔見世興行にちなんだ京都の和菓子をご紹介させていただきます。
歌舞伎役者の着物の袖をこしあんと白あんのこなしで表現。
そこに三升紋を型押しした和菓子です。
三升紋とは、市川團十郎をはじめとする成田屋の家紋。
『ますます繁盛(升升半升=ますますはんじょう)』をさらに上回って芝居小屋が大入りとなりますように。
三升紋には、そんな願いが込められています。
菓銘顔見世
店名鍵甚良房
住所京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
電話(075)561-4180
2019
125

もみじ狩り

私たちの目を楽しませてくれた鮮やかに色づいた木々たち。
12月となり、日を追うごとに冬木立が増えてきました。
冬の様子へと移りゆく京都市内。
下鴨神社・糺の森は、京都市内で一番遅い時期に見頃を向える紅葉の名所として知られています。
本日は、紅葉にちなんだ京都の和菓子をご紹介させていただきます。
色づいた紅葉(もみじ)の葉を模った、こなし製の和菓子です。
菓銘もみじ狩り
店名長生堂
住所京都市左京区下鴨上川原町22-1
電話(075)712-0677
2019
126

姫椿

本日は、これから見頃を迎える冬の花をモチーフにした、京都の和菓子をご紹介させていただきます。
秋から冬へ、季節の移ろいを敏感に感じ、愛らしく花咲く山茶花(さざんか)。
京都を散策していると、椿よりもやや小さな花を目にします。
山茶花の別名である『姫椿』。
山茶花の花をモチーフにした愛らしい外郎製のお菓子です。
菓銘姫椿
店名鶴屋吉信
住所京都市上京区今出川通堀川西入
電話(075)441-0105
2019
127

冬籠

本日は、200年以上も前に創り出された和菓子をご紹介します。
これから春まで草木たちは、寒さに耐えて冬を過ごします。
その様子を鮮やかな紅色の羊羹で、そこに降り積もる雪を純白のそぼろで表現しています。
先人たちの優れた英知と感性を存分に感じるお菓子です。
菓銘冬籠
店名とらや(京都一条店)
住所京都市上京区烏丸通一条角
電話(075)441-3111
2019
128

庭時雨

京都市内では、折りたたみ傘が手放せない時期となってきました。
晴れていたかと思うと雨、そしてまた晴れて、、、雨。
目まぐるしく天候が変化する時雨の時期です。
京都では、北山時雨と呼ばれるほど時雨が多い地域です。
本日は、時雨にちなんだ京都の和菓子をご紹介させていただきます。
細かく刻んだ栗と渋皮栗あんをあわせたものを茶巾で絞っています。
そこに時雨に見立てた氷餅をまぶした和菓子です。
菓銘庭時雨
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
129

里の冬

師走の京都市内では『大根焚き(だいこだき)』という年中行事が行われます。
この時期に大根を食べると中風にかからないといわれ、様々な寺院で執り行われます。
本日12月9日から10日まで了徳寺では『鳴滝大根焚き』が行われます。
大きなお鍋で焚かれた、大根と油揚げの湯気と香ばしい香りが境内に広がり、食欲をそそります。

本日は京都の冬に欠かせない食材にちなんだ意匠の京都の和菓子をご紹介させていただきます。
この時期、京都の和菓子屋では、聖護院大根やかぶらをモチーフにした和菓子が並びます。
寒い日には、やはり心温まる和菓子が最適です。
菓銘里の冬
店名二條若狭屋
住所京都市中京区二条通小川東入る西大黒町333-2
電話(075)231-0616
2019
1210

柚子上用

本日は、冬には欠かせない食べ物の一つである柚子を使った、京都の和菓子をご紹介させていただきます。
晩秋から初冬にかけて旬を迎える柚子。
収穫が始まって間もない頃の青玉の皮を薯蕷生地に練り込んで蒸しあげた薯蕷饅頭です。
爽やかな柚子の香りが口の中いっぱいに広がります。
旬のものをいただいた時に満ち溢れる幸せを感じてみませんか。
菓銘柚子上用
店名鍵甚良房
住所京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
電話(075)561-4180
2019
1211

山茶花

本日は、この時期に見頃を迎える花をモチーフにした京都の和菓子をご紹介させていただきます。
江戸時代に園芸用として品種改良が盛んに行われて、白の他に紅色や絞りなどの花を咲かせる品種が広まりました。
鮮やかな色合いの山茶花(さざんか)を表現した、ねりきり製の和菓子です。
菓銘山茶花
店名本家玉壽軒
住所京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町262
電話(075)441-0319
2019
1212

冬枯

本日は、冬の情景をイメージした和菓子をご紹介させていただきます。
色づいた木々の葉が落ち葉となる12月。
冬木立となった木々が立ち並ぶ情景を色合いのみで表現しています。
元禄8年(1695年)に創作された、肉桂の香りが口いっぱいに広がる焼き皮製の和菓子です。
菓銘冬枯
店名とらや(京都一条店)
住所京都市上京区烏丸通一条角
電話(075)441-3111
prev前月 次月next

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。