本日のお菓子
2020
113

望みの春

皇居・宮殿で行われる『歌会始(うたかいはじめ)の儀』が近づいてまいりました。
2020年は1月16日に開かれます。
今回のお題は『望』。
和菓子の世界では、新年の和菓子として、干支や松竹梅、鶴などの縁起物をモチーフにした和菓子と共にそのお題に合わせて和菓子を作ります。
そのお菓子のことを勅題菓と呼びます。

本日は、皇室の御用達を勤めてきたお店が作る勅題菓をご紹介させていただきます。
『この先の時代も、変わらぬのどかな春の景色を見続けたいという望みを込めて』つくられたそうです。
萌え出る芽を緑色の羊羹、つぼみがほころび花開く様子を紅色と黄色のそぼろで表現しています。
上品な甘みと、見た目以上にもっちりとした食感が癖になる和菓子です。
菓銘望みの春
店名とらや(京都一条店)
住所京都市上京区烏丸通一条角
電話(075)441-3111

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。