月刊京都連載 和菓子歳時記
2020
115

初夢

毎年、1月の中旬(2020年は1月16日)に皇居・宮殿では『歌会始(うたかいはじめ)の儀』が開かれます。
2020年のお題は『望』。
そのお題に合わせて作られたお菓子を勅題菓と呼びます。
今回は、その勅題菓をご紹介させていただきます。
月刊京都2020年1月号・連載『季節の京菓子』でもご紹介させていただきましたお菓子を少し変えたものです。
新年を迎えるとともに、望みを叶えてもらうために神社には多くの参拝者が初詣に訪れます。
新春らしく紅白の梅の花をあしらい、絵馬を模った外郎製のお菓子です。
みなさんにとっての望みはなんでしょうか。
心穏やかな一年となりますように。
菓銘初夢
店名二條若狭屋
住所京都市中京区二条通小川東入る西大黒町333-2
電話(075)231-0616

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。