月刊京都連載 和菓子歳時記
2020
219

初音

冬の寒さが和らぎ、春を思わせるような暖かい一日になったかと思えば、また冬の寒さ。
寒暖差が激しく、体調管理が大変な日々が続いている京都市内です。
この寒暖差は、私たちだけでなく、動植物たちにとっても大変なのかもしれませんね。
今回は、春を告げる鳥にちなんだお菓子をご紹介させていただきます。
これからの時季、音程を外した愛嬌のある鳴き声でウグイスが私たちを癒してくれます。
ウグイスは、春告鳥(はるつげどり)と呼ばれ、その年の最初に聞く鳴き声を『初音』といい春の訪れを知らせてくれます。
これから少しず上達して、春本番には美しい鳴き声で私たちを魅了してくれます。
春を思わせるピンクのこし餡を包んだ、ふ焼き製のお菓子です。
こちらのお菓子から春を感じてみてはいかがでしょうか。
菓銘初音
店名京都鶴屋 鶴壽庵
住所京都市中京区壬生梛ノ宮町24
電話(075)841-0751

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。