月刊京都連載 和菓子歳時記
2020
415

桜餅

桜との別れが近づいてきました。
「今年は、寂しい思いをさせてごめんね。」
そんな想いが募ります。
桜の下で繰り広げられる人間模様。
それが平和を意味することだと改めて感じました。
来年の春は、桜の下に多くの人々が集っている光景を目にできることを祈っています。

この時代を生きるために京都の和菓子屋さんも今できることに挑戦しています。
常連さんがリスクを伴いながらバスや電車に乗ってお店にお越しになられることを懸念して、こちらのお店では4代目自らがバイクでの宅配をはじめました。
お届の条件は以下の通りです。

●お届けできる生菓子、お干菓子はその日によって異なる為、お電話でご説明

●東山区、中京区、下京区は生菓子3個以上でお届け無料

●山科区、上京区、左京区、右京区、伏見区、南区は7個以上でお届け無料
 (走行距離によってご相談させていただきます。)

●再配達は不可。当日キャンセルはキャンセル料100%となります。

その他につきましては、お電話でご相談ください。
(注:政府からの緊急事態宣言が京都府に発令された場合には、店舗を閉店する可能性があります。)

こういう時だからこそ、和菓子でほっこりとしたひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。


菓銘『桜餅』
鍵甚良房
京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
(075)561-4180
菓銘桜餅
店名鍵甚良房
住所京都市東山区大和大路通四条下ル小松町140
電話(075)561-4180

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。