本日のお菓子
2020
915

吟遊詩人

日に日に太陽が昇っている時間が短くなり、夜が長くなってきました。
2017年に出会ったこちらの和菓子。
少しさびしい秋の風を感じながら夜を過ごす情景を表現しています。
詩や曲を作り、各地に訪れて歌う吟遊詩人。
これからは、新月から満月へと向かう時期。
空に浮かんだ月を眺めながら歌う人の声に耳を傾け夜長を楽しむのもいいかもしれませんね。
菓銘吟遊詩人
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。