月刊京都連載 和菓子歳時記
2020
11

花びら餅

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2020年の幕開け。
みなさんは、どのような新しい一年のはじまりを迎えられたことでしょうか。
みなさんにとって佳き一年となりますように。

今回は、新年を迎えた京都には欠かせないお菓子をご紹介させていただきます。
京都の和菓子屋では、正月になると初春を寿ぐ華やかな、おめでたい意匠のお菓子たちが並びます。
その中の一つが『花びら餅』という祝い菓子です。
京都では、松の内の1月15日まで見かけることができるお菓子です。

花びら餅は、平安時代の新年行事『歯固めの儀式』に由来するものです。
元日から三日まで、押鮎、猪、大根などの硬い食べ物を食べて長寿を願うというものです。
後に簡素化されて押鮎は牛蒡になり、お雑煮に見立てた白味噌餡をお餅で包むようになったと言われています。
菓銘花びら餅
店名緑菴
住所京都市左京区浄土寺下南田町126-6
電話(075)751-7126
2020
18

福の子(ね)

年が明けて早いもので京都ゑびす神社では、本日より『十日ゑびす大祭(初ゑびす)』が始まり、1月12日まで執り行われます。
初詣を兼ねて、京都ゑびす神社へお詣りに行くという方もいらっしゃることだと思います。

2020年は『子(ね)年』。
今年は、哲学の道沿いにある大豊神社の大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀る大国社の前に鎮座する狛ねずみにあやかり、多くの参拝者が列を作っています。
参拝するのに2時間待ちという時間帯があるほどの人気ぶりです。
大黒天のお使いがネズミであることから、子年には大黒天に参拝する風習があります。

叡山電鉄『修学院駅』から徒歩15分。
五山の送り火の『法』が灯される松ヶ崎の麓にある寺院『妙円寺』。
都七福神めぐりの霊場としても有名な寺院には、大黒天が鎮座しています。
再び新しい十二支がスタートする年に気分を新たに、大黒天に手をあわせてみてはいかがでしょうか。

今回は、子(ねずみ)にちなんだお菓子をご紹介させていただきます。
妙円寺の最寄駅である叡山電鉄『修学院駅』から歩いて1分ほどのところにあるこちらのお店。
愛らしい耳と色合いが印象的な薯蕷煉切製のお菓子が並びます。
大黒天に参拝した後に子(ねずみ)を模ったお菓子をいただき福を呼んでみてはいかがでしょうか。
菓銘福の子(ね)
店名游月
住所京都市左京区山端壱町田町8-31
電話(075)711-1110
2020
115

初夢

毎年、1月の中旬(2020年は1月16日)に皇居・宮殿では『歌会始(うたかいはじめ)の儀』が開かれます。
2020年のお題は『望』。
そのお題に合わせて作られたお菓子を勅題菓と呼びます。
今回は、その勅題菓をご紹介させていただきます。
月刊京都2020年1月号・連載『季節の京菓子』でもご紹介させていただきましたお菓子を少し変えたものです。
新年を迎えるとともに、望みを叶えてもらうために神社には多くの参拝者が初詣に訪れます。
新春らしく紅白の梅の花をあしらい、絵馬を模った外郎製のお菓子です。
みなさんにとっての望みはなんでしょうか。
心穏やかな一年となりますように。
菓銘初夢
店名二條若狭屋
住所京都市中京区二条通小川東入る西大黒町333-2
電話(075)231-0616
2020
122

梅の香

東寺の初弘法が終わり、今週末(1月25日)には北野天満宮で初天神が行われます。
蕾がほころびはじめた境内の梅からひと足早く、春を感じることができます。
来月の今頃は、多くの蕾が花開き、梅の香しい匂いが境内に広がっていることでしょう。

今回は、ひと足早く、春を感じるお菓子をご紹介させていただきます。
新年を迎えてから2月下旬頃まで、多くの和菓子屋では梅にちなんだお菓子が店頭に並びます。
梅を模った、外郎製のお菓子です。
『梅の香』という菓銘から、梅の甘い香りを思い浮かべながら春を感じていただくことができるお菓子です。
菓銘梅の香
店名亀屋重久
住所京都市右京区谷口梅津間町
電話(075)461-7365
prev前月 次月next

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。