本日のお菓子
2020
1014

豊の秋

たわわに実った黄金色の稲穂をスズメから守るために鳴子が仕掛けられた田んぼの風景は秋らしい光景です。
2016年に出会ったこちらの和菓子は、その鳴子を模った薯蕷製のお菓子です。
特別に作っていただき、私が菓銘をつけました。
『豊の秋(とよのあき)』とは、秋の季語で稲がよく実ったことを意味します。
菓銘豊の秋
店名千本玉壽軒
住所京都市上京区千本通今出川上ル
電話(075)461-0796

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。