本日のお菓子
2020
1117

深山の錦

日々、多彩な色合いに変化していく京都の山々。
京都で暮らしていると、特別なところに出かけなくても、市街地より山を眺めているだけで秋の深まりから冬の訪れを感じることができます。
市街地よりもひと足早く色づき始める山々の紅葉。
色づいた山々のことを『山粧う』と表現します。
まさに、その表現が相応しい京都の山々です。
2014年に初めて出会った、こちらの和菓子。
色づいた紅葉(もみじ)を表現した色合いのこなしに型押しされた紅葉(もみじ)。
階調のあるところに型押しすることによって自然美が表現されています。
菓銘深山の錦
店名千本玉壽軒
住所京都市上京区千本通今出川上ル
電話(075)461-0796

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。