本日のお菓子
2021
19

『鶴』は、長寿を象徴する吉祥の鳥として『鶴は千年』といわれ親しまれてきました。
古くは『たず』と呼ばれていましたが、平安時代以降に『つる』と呼ばれるようになりました。
2018年に初めて出会った、こちらの和菓子。
鶴を表現した上用饅頭です。
菓銘
店名日栄軒
住所京都市北区小山初音町61
電話(075)491-2204

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。