本日のお菓子
2021
113

福梅

梅の蕾が日を追うごとに膨らんでいます。
『百花の魁(さきがけ)』と呼ばれるように、梅は厳しい寒さに耐えて、春の訪れとともにもっとも早く咲きます。
旧暦のお正月は、立春のころに元日となるために、その年に一番早く咲く、おめでたい花とされ、新年を代表する花とされてきました。
2017年に初めて出会った、こちらの和菓子。
福々しい梅の焼印が印象的な可愛らしい薯蕷饅頭です。
菓銘福梅
店名千本玉壽軒
住所京都市上京区千本通今出川上ル
電話(075)461-0796

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。