本日のお菓子
2021
220

里の春

本格的な春の訪れが近づいてきました。
足もとに目を向けると地面の割れ目から春の息吹を感じるます。
2016年に初めて出会った、こちらの和菓子。
黄身しぐれに『さらし餡』をまぶしたお菓子です。
芽吹き、土が割れ、里にも春の訪れがやってきた情景が目に浮かびます。
菓銘里の春
店名笹屋春信
住所京都市西京区桂乾町66-1
電話(075)391-4607

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。