本日のお菓子
2021
42

ひとしらべ

2016年に初めて出会った、こちらの和菓子。
京都の鼓は美術品であり、春の音色でもあります。
桜色の生地に鼓の皮の焼印を施した薯蕷饅頭。
そこに締めたり緩めたりすることで音色を変える朱色の調緒(しらべお)を飾っています。
調緒のことを『調べ』とも呼びますが、そこから付けられた菓銘『ひとしらべ』です。
こちらのお菓子から京都の春の音色を感じてみてください。
(都合により、しばらくの間、上生菓子の販売はしておりません。)
菓銘ひとしらべ
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。