本日のお菓子
2021
51

唐衣

水辺で花を咲かせている杜若(カキツバタ)。
その花の様子が燕(ツバメ)の飛び立つ姿に似ていることから燕子花(カキツバタ)とも書きます。
2017年に初めて出会った、こちらの和菓子。
杜若の花を表現した、この時期を代表するお菓子の一つです。

『唐衣 着つつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ(在原業平)』

句頭に『か・き・つ・ば・た』を入れた折句と呼ばれる伊勢物語に登場する有名な和歌です。
三河国八橋で在原業平は、杜若が咲き誇る様子を見てこの和歌を詠んだそうです。
餡を外郎生地で折りたたみながら包んだとても無駄がない意匠です。
菓銘唐衣
店名千本玉壽軒
住所京都市上京区千本通今出川上ル
電話(075)461-0796

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。