二十四節気を彩る和菓子たち
2019
411

さえずり 立春

立春/2018年2月4日~2018年2月18日。
春の兆しを見つけはじめられる頃です。

職人さん曰く、
『旧暦では、一年のはじまりは立春からと考えられていました。
そのため節分や八十八夜など季節の節目の行事は立春を起点として定められています。
梅の花が咲きはじめ、徐々に暖かくなり、春の兆しが所々で感じるようになります。
外郎製で小鳥を表現してみました。
春は動物たち、鳥たちも活動を始める頃です。
少しづつ小鳥たちが鳴いて、梅の香りを楽しんでいる感じにしてみました。』
菓銘さえずり
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
412

雪解け 雨水

雨水/2018年2月19日~2018年3月5日。
降る雪が雨へと変わり雪解けが始まる頃です。

職人さん曰く、
『山に積もった雪もゆっくりと解け出し田畑を潤します。
雨水は農耕を始める時期が目安とされてきました。
琥珀羹で雪が解け始めて水になっていく様子を表現しました。
山や田畑を通っていく水という感じで水玉模様のような意匠にしてみました。
色合いも春を感じてもらえるようにしてみました。』
菓銘雪解け
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
412

貝合わせ 啓蟄

啓蟄/2018年3月6日~2018年3月20日。
春の訪れを感じ、冬眠していた虫が穴から出てくる頃です。


職人さん曰く、
『眠っていた虫たちが、春の暖かさに誘われて土から出てくる頃です。
雛祭りの頃でもあります。
こなしで雛祭りに合わせたハナグリを模った美しい意匠にしてみました。
女の子お節句なので、はんなりと女性らしい雰囲気に仕上げました。』
菓銘貝合わせ
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
412

近江路 春分

春分/2018年3月21日~2018年4月4日。
昼と夜の長さが同じになる頃です。


職人さん曰く、
『ようやく春らしい陽気となり、この頃に満開になる菜の花が美しい季節です。
春の食材で香りの独特な蓬を練り込んだ外郎生地をたたみ、上に菜の花をイメージした練り切りきんとんを
のせました。
色からも香りからも春を楽しんでいただければ幸いです。』
菓銘近江路
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
412

花映え 清明

清明/2018年4月5日~2018年4月19日。
万物が清らかに明るく感じられる春の盛り、お花見の季節です。


職人さん曰く、
『桜の花が満開になり、多くの人が花見に出かけます。
あんを桜色に染めて小田巻にして清らかに美しく、明るく感じられるような意匠に仕上げました。
琥珀をキラキラとさせて水が流れているようにも見えるようにしてみました。
この頃の真鯛は色が美しくなり『桜鯛』とも呼ばれます。
色んなものに思いを馳せながら作りました。』
菓銘花映え
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
412

朧月 穀雨

穀雨/2018年4月20日~2018年5月4日。
桜の花を散らす春雨が降る季節です。


職人さん曰く、
『霞がかった夜空に月が美しく映える頃です。
うす紫色と白のグラデーションに月を表現した黄色をぼかしたたんで金箔をあしらいました。
朦朧(もうろう)とした夜空に月が浮かび上がっている感じを出してみました。』
菓銘朧月
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。