二十四節気を彩る和菓子たち
2019
413

五月晴れ 立夏

立夏/2017年5月5日~5月20日。
新緑の香り。
心地よい風。
眩い陽射しとなり、初夏らしい天気が続く頃。

職人さん曰く、
『端午の節句にお庭に飾る鯉のぼりをこなしで表現しました。
子供(男の子)の将来と健康を願って家庭の庭先で五月の風を感じながら青空の下、鯉のぼりを泳がせます。』

何とも言えない、色合いによって生まれる造形美。
まるで、本当に五月の風を感じながら泳いでいるように見えてくるから不思議です。
菓銘五月晴れ
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
413

風の音 小満

小満/2017年5月21日~6月4日。
麦の穂が実り、少し満ちてきたことが『小満』の本来の意味だそうです。
それがいつからか、
『あらゆる生命が満ち始める時期』と解釈されるようになりました。

職人さん曰く、
『太陽の光を浴び、万物がすくすくと成長していく様子を外郎の色のぼかしで表現しました。
太陽の光も吹く風と一体となって大地に降り注ぎます。』
菓銘風の音
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
413

早乙女(芒種) 芒種

芒種/2017年6月5日~6月20日。
芒種とは、穀物の種をまく時期です。

職人さん曰く、
『農耕民族だった日本では、秋の収穫の為に男性だけでなく、女性たちも田植えを一生懸命に行います。
その田植えでは娘たち(早乙女)の可愛い唄が聞こえてきそうです。
田植の娘(早乙女)がかぶる笠をこなしで表現しました。』
菓銘早乙女(芒種)
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
413

白暮 夏至

夏至/2017年6月21日~7月6日。
夏至とは、暦の上ではちょうど夏の真ん中にあたります。
一年で一番、昼が長くなる日です。
また、最も太陽の位置が高くなり、影が短くなる日です。

職人さん曰く、
『京都の夏の風景を表現しました。
夏の夕暮れ、京都では鴨川の畔に腰かけて、手には京扇子を持ち、あおぎながら涼を感じます。
外郎(うるじ)で京扇子に夏の色合いを表現しました。』
菓銘白暮
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
413

夏羽織 小暑

小暑/2017年7月7日~7月22日。
本格的な暑さが到来する前の段階です。
この日より暑中となります。

職人さん曰く、
『新暦の七夕の頃で星空も見られる時期です。
水色の涼やかな朝顔模様の優美な羽織りをまとって、夜風にあたりながら星空を見上げる夏姿を意匠にしました。』
菓銘夏羽織
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
413

宇治の華 大暑

大暑/2017年7月23日~8月7日。
暑さが極限に達する頃です。

職人さん曰く、
『一年で最も暑さが厳しく感じられる頃です。
花火大会もこの時期にたくさん行われ、夏の風物詩が目白押しです。
外郎に花火の型のすり込みで華やいだ感じの意匠にしました。
京都では、2013年以来の宇治の花火大会が8月に規模を縮小して開催される予定です。
こちらの花火大会は、毎回テーマがあり、とても人気です。
幼い頃、毎年見るのを楽しみにしていた思い出が甦ります。』
菓銘宇治の華
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。