七十二候を彩る和菓子たち
2019
416 寒露・初候

雁行 鴻雁来

鴻雁来(こうがんきたる)/2017年10月8日~10月12日
雁が北の国より日本へ渡ってくる時期です。

職人さん曰く、
『ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってきます。
雁は日本で冬を過ごします。
雁行とは、空を飛ぶ雁の列です。
月夜に空を飛ぶ雁の姿を表現しました。
その美しさから季語も多くあり、多くの俳人が好んで詠んだ情景をお菓子にしました。』
菓銘雁行
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
416 寒露・次候

千代見草 菊始開

菊始開(きくのはなひらく)/2017年10月13日~10月17日
菊の花が咲く時期です。

職人さん曰く、
『菊の展示や菊まつり、品評会が各所で行われます。
日本の菊は品質が良く、海外でもとても人気です。
千代見草とは菊の別名です。
黄色、白色の菊はよく見ることがありますが、他にもピンクやオレンジ、紫など色の種類が沢山あり
とても綺麗です。
練りきり(山芋餡)のきんとんで色彩の美しさにこだわって表現しました。
菊の花びら(食用菊)もあしらってより美しく、可愛らしくしてみました。』
菓銘千代見草
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405
2019
416 寒露・末候

秋の音楽会 蟋蟀在戸

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)/2017年10月18日~10月22日
秋の虫が戸口で鳴く時期です。

職人さん曰く、
『この候に出てくる蟋蟀(きりぎりす)はコオロギであるという説があります。
今回のお菓子は、世界的に有名なイソップ物語の『アリとキリギリス』のお話しを想像しながら作りました。
夏の間と秋と、毎日せっせと食料を運んで備蓄するアリたち。
一方、仲間と音楽会を開いて毎日陽気に歌ったり踊ったりして暮らすキリギリス。
草の感じを出したこなしに音符の型を押して陽気に歌うキリギリスを表現しました。』
菓銘秋の音楽会
店名長久堂
住所京都市北区上賀茂畔勝町97-3
電話(075)712-4405

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。