本日のお菓子
2021
117

雪間草

2017年に初めて出会った、こちらの和菓子。
冬の間、一面を覆っていた雪がやわらかな陽の光を浴びて溶けはじめます。
そこに萌え出た草を上用饅頭で表現しています。
ほんのりと香るヨモギ。
春の訪れを一足早く感じられるお菓子です。
菓銘雪間草
店名緑菴
住所京都市左京区浄土寺下南田町126-6
電話(075)751-7126

きょうの和菓子の玉手箱きょうの和菓子の玉手箱

きょうのお菓子

月刊京都連載
和菓子歳時記

スマートフォン、タブレットを縦にしてご覧ください。